アウトバウンドの機能と特徴

対応履歴を表で書き出すことや、統計データとして集計データを書き出すことができます。

                 
  キャンペーンごとにダイヤル方法選択     架電の予約登録
  • プレビューコール
    CRMで相手先を確認してから電話を発信
  • プログレッシブコール
    エージェントの空き状況を見ながら発信
  • プレディクティブコール
    不在やビジーなどを踏まえて、エージェント数より多く発信し、通話効率を上げます。


どのキャンペーンでいつからいつまで実施するかを設定。

  キャンペーン統計データの管理結果のCSV化     全通話録音
対応履歴を表で書き出すことや、統計データとして集計データを書き出すことができます。   

通話内容を録音し、後で再生することができるため、応対品質向上に役立てられます。   

  結果登録にダイヤルプッシュも  
通話終了後に、設定してある番号を押すと、結果がダイヤルプッシュだけで反映されます。

様々な端末で利用可能


ライブカメラ機能【在席確認機能】

クラウド型コールセンターシステムに、テレワークの実施に合わせ着席確認機能を追加実装いたしました。
これにより、在宅勤務中であっても、インカメラでの動体検知機能を利用して、着席しているか、席を外しているかが分かるようになります。

個人のプライバシー保護のため、画面の解像度を適度に抑えることで、個人のプライバシーを守れ、離席中では画像表示がオフになります。SV機能のレポート機能とも連動して、業務状況のデータ化が行え、CSVによる書き出しも可能です。さらに、自分が確認したい人の表示、非表示機能や表示順の編集も行えます。

         
CTIライブカメラ機能(在席確認)画面イメージ 着席確認機能編集イメージ
個人のプライバシー保護のため、画面の解像度を適度に抑えることで、個人のプライバシーを守れ、離席中では画像表示がオフになります。SV機能のレポート機能とも連動して、業務状況のデータ化が行え、CSVによる書き出しも可能です。さらに、自分が確認したい人の表示、非表示機能や表示順の編集も行えます。利用帯域も少なめに抑えておりますので、常時カメラをオンにしながら業務を遂行できます。
利用帯域:1KB/1ユーザ程度 比較帯域(他社Z社:1.5MB/1ユーザ程度)
今後は、話したい人をクリックすることで、内線呼出を行える機能や、電話会議に呼び出す機能。グルーピング機能。弊社既存のクラウド型PBXとの連動や、外部ビデオチャットサービスとの連携も行う予定です。カメラだけの導入でも検討が可能です。
個別に表示、非表示を切り替え。表示する順番もカスタマイズが行えます。

利用シーン 

   
通販会社の新商品紹介

通販会社の新商品紹介

      
利用形態 コールセンター利用機能
新商品の紹介で利用。約100アイテムを販売。 エージェント数は20名。 自社商品の購入履歴があるお客様に向けて、新商品の紹介や、サプリメントの認知度調査を実施。 セールスとニーズ取得に利用している。 営業時間外は自動で応答音声を再生「ただ今の時間は、営業時間外です。営業時間内におかけ直し下さい。」
  • プレビューコール
  • レポート
  • IVR(自動応答音声)
  • 全通話録音
  •    
    営業アポイント代行

    営業アポイント代行

         
    利用形態 コールセンター機能
    複数の企業のアポイントを代行して取得するサービスを実施しています。 エージェント10名。 各社ごとに専用の電話番号を用意しています。 営業時間外は自動で応答音声を再生 「ただ今の時間は、営業時間外です。営業時間内におかけ直し下さい。」
  • プレビューコール
  • レポート
  • 全通話録音

  • 動作環境について

    インターネット ルーター
    • 光ファイバーを推奨
    • DSLやイーモバイル等の回線でも利用可能ですが、上り帯域が少なく、回線も不安定なため推奨しておりません。
    • 1ユーザーの帯域は、上り/下り合わせて200kbps 程度になります。
    • YAMAHA RTX1210(50席程度まで)推奨
    ルーターの性能と、回線スピードが重要となります。
    • 設定は別途必要です。
    その他、お客様がお持ちのルーターでもご利用は可能ですが、別途設定を行う必要がございます。導入時にご相談下さい。
    社内LAN環境 PC/ブラウザ
    HUBが古い場合や複数のHUBを経由する場合は、ノイズが入る恐れがあります。 より安定した通話環境には、QoS(優先制御・帯域制御) に対応したHUBのご利用をお勧めします。
    • 無線LANは環境に大きく依存しますので、可能な限り有線LANをお勧めしております。
    • ブラウザ:Google Chrome
    • CPU:インターネット閲覧がストレス無く行えるスペック
    • メモリ:最低2GB以上を推奨
    • ディスプレイ:1024×768以上の解像度を持つディスプレイを推奨
    Google ChromeWindows要件Mac要件Linux要件
    オペレーティングシステムWindows Vista
    Windows 7
    Windows 8
    Windows 10
    Max OS X 10.6 以降Ubuntu 12.04 以降
    Debian 7 以降
    プロセッサIntel Premium 4 以降IntelIntel Premium 4 以降
    ディスク空き容量350MB
    RAM512MB
    ヘッドセット
    USBやジャック等で接続できるヘッドセットが必要になります。 bluetooth対応のヘッドセットも利用可能ですが初期応答の遅れや、設定でトラブルが発生したりする可能性があるのでお勧めしておりません。
       

    • PBX(電話交換器)が不要
    • 端末、拠点を内線化して、すべて無料通話
    • 同時通話(チャネル)が含まれているので、低コスト
    • 上記の比較図は、当社独自に10chでご利用した場合の概算比較となります。
    • 初期費用を含めた1ヶ月の費用比較となります。

    (円/JPY) 同時通話数 3席〜10席 11席〜25席 26席〜50席51席〜
    システム利用料
    (サーバー利用料)
    初期費用 5,000/1席
    (税込 5,500/1席)
    4,500/1席
    (税込 4,950/1席)
    4,000/1席
    (税込 4,400/1席)
    3,500/1席
    (税込 3,850/1席)
    月額費用 5,000/1席
    (税込 5,500/1席)
    4,500/1席
    (税込 4,950/1席)
    4,000/1席
    (税込 4,400/1席)
    3,500/1席
    (税込 3,850/1席)
    チャネル料金 初期費用 1,800/1ch
    (税込 1,980/1ch)
    国内電話
    番号料金
    初期費用 200/1番号
    (税込 220/1番号)
    月額費用 1,800/1ch
    (税込 1,980/1ch)
    月額費用 200/1番号
    (税込 220/1番号)

    • 月額費用は初月のみ日割り計算